ダイエット専門コースは本気で痩せたい人限定

背骨から動くと楽になる。

背骨から動くと楽になる。

背骨から動くと楽になる。

人間の身体は中心から動く様に出来ています。

腕を動かすにしても体幹から力が伝わる感じ

なので、身体の中心の状態が常に良好な状態にしておくのが大事

その最も中心に位置するのが背骨

身体を動かす時に末端の力が必要なポイントばかりに目がいき

体幹が疎かにになることが多い

近年は、体幹トレーニングブームもあり

体幹が大事ということは、わかってきた人もいる

しかし、体幹が大事といって体幹の筋肉ばかりを意識して

逆に動けなくなっている人も多い

大事なのは、背骨です。

背骨から動く為に必要なこと

普段、使っていなければ硬くなっていることが多い

硬くなると動かす感覚もよく分からなくなります。

充分なストレッチを行い背骨周りをほぐしていきましょう。

背骨のストレッチとは?

実は、みんな昔からやっていたストレッチなんですよ。

前屈、後屈、側屈、回旋

ラジオ体操にも含まれていますよね。

体育の授業でも散々聞いた単語だと思います。

しかし、やる意味が分からないと効果はありません。

間違った解釈でも効果はありません。

前屈

膝を伸ばして 腿の裏側のストレッチをやる方が多いですが

膝を曲げて腿裏ではなく、背骨を丸めるイメージで行うのが正解

腿の裏側が硬いと背中を丸める意識が出来ません。

他のストレッチも併用して練習しましょう。

座って行う

座って背中を丸める

この時、手は頭の後ろにありますが強く頭を押さない様にしましょう。

首を痛めます。

上手く出来ると背中の際の筋肉、脊柱起立筋が伸びるのを感じます。

硬い方は、これでも分かりにくいと思いますので、よく分からなかったら次のストレッチをやってください。

そのまま、反対の手で手首を持って斜め前に引っ張る。

伸びる箇所が微妙にかわりますが、背中の広背筋が伸びます。

きっとこれなら伸びる感じが感じると思います。

広背筋が柔らかくなると、前屈で脊柱起立筋が伸びるのを感じられる様になってくると思います。

最終的には、これが楽に出来る様になるといいですね。

出来る人には簡単

出来ない人には難しいストレッチ

でも、この動きって昔の体育のマット運動でやってましたよね。

後転

ちょっと腕の位置が違いますが、楽に後転が出来る柔らかさが欲しいですね。

また、その他ストレッチは次回以降シリーズでお伝えしていきたいと思います。

開脚するより楽で身体が楽になるストレッチです。

よろしくお願い致します。

ツールバーへスキップ