ダイエット専門コースは本気で痩せたい人限定

パワースクワットで簡単!筋肉量アップ

パワースクワットで簡単!筋肉量アップ

パワースクワットで簡単!筋肉量アップ

筋力トレーニングと言えば、スクワット!

ダイエットのために筋肉量をアップしたいと思えば、スクワットが1番効果があるのではないでしょうか。

ランニングの為にしても脚力は大事になります。

しかし、きついトレーニングなので嫌いな方も多いと思います。

今回は、イソカワジムでも実践している、きついスクワットをなるべく楽に行う方法をご紹介いたします。

なぜスクワットは苦しい?

通常スクワットを行う場合、上の画像の様にバーベルを後ろの肩に担ぎ胸を張って行います。(バックスクワット)

実は、この姿勢が苦しい原因

胸を張ると骨盤が前傾し、しゃがみ難くなります。

身体が柔らかい方は出来るかもしれませんが、硬い方は苦しい。

無理に行うと腰や膝に痛みが来る場合もあります。

この解決法としては、腕を前でバランスをとり行う方法

フロントスクワット

だいぶ、しゃがむのが楽になると思います。

しかし、ここで問題点が浮上すると思います。

ウエイトを持たないでも効く、初心者の方なら全く問題ありませんが

ウエイトを持たないと効かない中上級者はどうする。

ダンベルを持ったとしても腕だけでは、あまり重たい物を持てない。

肩の前でバーベルを担いでもいいが、肩が痛くなる。

気にならない人は、やってる人もいますが。。。

そこで、イソカワジムで編み出した方法は!

パワースクワット

え?

どうなってるの?

と思う方もいらっしゃると思います。

バーベルにストラップを付けてリュックを背負うイメージで行います。

これなら、首や腰などに負担なく出来ます。

実は、この様なやり方は昔からあり、このスクワット専用のバーベルも販売されています。

しかし、パワースクワット専用のバーベルが置いてあるジムも少ないですし改めて買うのも。。。

という場合の即席で出来る方法です。

トレーニングをやっている方にはお馴染みのストラップ

本来は、デッドリフトやプル動作の背中のトレーニングの時に使う道具。

安全性に関しては、個人で行う場合は気をつけて下さい。

トレーニング用のストラップなら、かなり強度は高いので大丈夫だとは思います。

私自身のトレーニングで100kgまではやったことがありますが、全然大丈夫でした。

重量を扱う際はお気をつけて下さい。

日常生活に即した動きがファンクショナルトレーニング

トレーニングは、同じ種目でも少しやり方を変えるだけで、やりやすさ

筋肉の使われ方が変わります。

目的に応じたやり方を選ぶのがベストだと思います。

パワーリフティングの選手なら通常のスクワットをやるべきですが

一般の方は、別にバックスクワットが出来なくても支障はない訳です。

日常生活で胸を張って深くしゃがむことなんてないと思います。

パワースクワットだとリュックを背負う感覚なので、登山や日常生活で重たい荷物を担いでしゃがむと言う動作の方がありそうですよね。

トレーニングは、やりやすいやり方で行ったほうが使える筋肉になると私は考えています。

普通のスクワットはできないけど、パワースクワットならガンガン出来る人は多いです。

ぜひ、参考にして見て下さい。

ツールバーへスキップ