ダイエット専門コースは本気で痩せたい人限定

脊髄損傷患者は歩けるようになるのか?

脊髄損傷患者は歩けるようになるのか?

脊髄損傷患者は歩けるようになるのか?

※画像はイメージです。

J-Workoutトレーニングスタジオと言うジムが東京の木場にあります。

このジムは、日本初の脊髄損傷患者専門のトレーニングジムです。

「一生車椅子です。」「二度と歩くことはできません。」

と宣告された方々に再歩行を目指す為、麻痺部を含めた全身トレーニングを提供しているそうです。

もしかしたら、今度こちらのジムのセミナーに参加できるかも知れないことになり、とても楽しみ。

実は、私の右腕は麻痺していました。

脊髄損傷ではないのですが、私は高校1年生の秋に交通事故で右腕神経麻痺になりました。

「もしかしたら、もう右腕は動かないかも知れない」

と言われました。

ショックで涙が止まらないし、しばらく寝れない日も続きました。

人生が終わったとも思いました。

将来やりたいこと全てを諦めなければいけないと思うと、生きている意味も無いのでは無いかとも思いました。

本当にどん底に落ちた気分。

しばらく家に引きこもっていました。

右腕が動かなくてもいい!

軽い鬱状態から学校に通える様になったきっかけは、陸上部の先生のお陰

皆んな、私のことを同情して優しい言葉しかかけないし、何でも手伝ってくれる。

私が、何もできなくても大丈夫な様にサポートしてくれる。

しかし、先生は違った。

いつまで部活休んでるんだ!そんなんじゃ新人戦に間に合わないぞ!」

「腕が動かなくても脚は動くだろう!それなら走れるだろう!」

※結構、声を張り上げて言ってました。

この言葉で吹っ切れました。

腕が動かなくてもいい!むしろ、腕が動かないハンデがあるのに試合で買ったら目立つぞ!

おいしい!

と思ってしまった。

そうと決めたらトレーニングあるのみ!

その後、運良く1年半かかって腕がまともに動く様になりました。

今でも少し小指が動かし難いですけどね。

病院では、社会復帰出来るように右腕を使わなくても生活する訓練。

右腕の治療は、温熱療法とマッサージくらい

動く様になってからは筋力トレーニングもしましたけど

それまでは、家で自己流のリハビリをやってました。

実は、腕が動かない状態で陸上の大会に出て400m自己ベスト更新しました。

本当に自分の身体をわかるのは自分だけ

ぶっちゃけ病院では、腕を動く様にする為の治療と言うものは一切やりません。

なぜなら、検査で腕が動かない原因がわからないから。

神経が切れていれば、繋げる手術をするけど、切れていないのに動かないと言う状態はどうにもできないらしい。

実は、その時同じ病院に自分と全く同じ症状のおじさんが居ました。

もう、5年経つけど全く動かない

これを聞いて、ぞっとしました。

自分で何かやらないと絶対に治らないと確信しました。

やることは、1つしかありません。

自分で力を入れようとして見る。

全く動かないので、もはや力の入れ方を忘れてしまった。

ただ念じている感じだったかも知れない。

しかし、ある日、力を入れようとすると肩辺りが微かにピリピリする感じを感じた。

1日数ミリくらいしか動かないけど、そのピリピリが下に下がっているのに気づいた。

2ヶ月後に、あと少しで指先までピリピリが届きそうになり頑張った。

そしてピリピリが指先に到達すると、人差し指の指先だけが小刻みにに痙攣した。

この時、確信した。

自分の腕がまた動く様になる。

もちろんこの時も泣きましたよ。

涙もろいので。

本当に嬉しかった。

脊髄損傷じゃないけど、この経験を活かしたい

脊髄損傷じゃないから違うかも知れないけど、病院の先生に

「もう動かないかもしれない」

と言われるのは同じ

もし、この経験が誰かの役に立つならと思い

今度、研修に行きたいと思います。

人数限定だから、まだ入れるかわからないけど

ツールバーへスキップ