ダイエット
  1. ダイエット

運動しても痩せない

運動しても痩せない

ただ運動しても痩せません。

これをあなたは信じますか?

でも、運動しても全然痩せない、効果が無い、と言う経験をしたことある人いませんか?

でも効果出ている人もいますよね。

その差て、何なんでしょう?

宇宙飛行士から学ぶ

前回、宇宙飛行士の話しを書きましたが、宇宙に滞在すると次の様な事が起こります。

血圧がコントロールできなくなる。

骨が脆くなる。

筋肉が落ちて、体脂肪がつく。

姿勢が悪くなり、歩くのが下手になる。

腸の調子が悪くなり、免疫力が低下。

寝つきが悪くなる。

目が悪くなる。

まるで、運動不足や老化現象に似ています。

これを改善するために宇宙滞在中に運動をする事にしたそうです。

しかし、一時的な改善は見られるものの、すぐにまた症状が現れあまり効果はなかったそうです。

なぜでしょう?

地球上でリハビリをすれば元に戻るのに、宇宙で運動しても運動不足が解消できない。

答えは重力です。

重力を利用した人が成果を出す。

最初の話しに戻しますが、運動で効果が出る人と出ない人の差は

重力を利用したかしていないかです。

寝た状態、座った状態では、かかる重力は少ないです。

立った状態になると強くかかります。

特に痛いところが無ければ、立って運動しないとあまり効果ありません。

さらに重力をかけたい場合は、重りを担いだり、持ったりして行う。

ジャンプするのも、もの凄く重力がかかります。

もちろん、歩くより走る。

ゆっくりより、速く走った方が重力がかかります。

逆に言うと重力負荷が少ない運動は

自転車、水泳など、座ったり寝たり、水に浮いた状態だったりすると重力負荷があまりかかりません。

自転車選手や水泳選手は、筋肉がある様に見えますが実は骨が弱かったり、運動を辞めた時に衰えやすいです。

自転車や水泳をやるなと言う意味ではありません。

生活にしっかりと重力負荷をかける運動を行うと身体は変わります。

なので、自転車や水泳選手も競技練習だけでなく、筋力トレーニングを取り入れると格段にパフォーマンスが上がります。

運動やってもなかなか効果が見られない方は、自分の運動メニューを見直して見ましょう。

重力をしっかりかけているか?

最新情報をチェックしよう!
>本気で痩せたい人だけお申し込み下さい。

本気で痩せたい人だけお申し込み下さい。

パーソナルトレーナーが本気で指導致します。TEL:070−6454−0122