新規体験受付中!お気軽にお問い合わせください。

腰痛コルセットの選び方

腰痛コルセットの選び方

腰が痛くなったら、もしくは腰が痛くならないようにコルセットを巻く人は多いと思います。

しかし、コルセットの種類は様々でどれを買えば良いか迷われる方も多いのでは無いでしょうか?

せっかく高いコルセットを買ったのにあまり効かないとか?

今回は、失敗しないコルセットの選び方をご紹介致します。

腰痛コルセットの種類

腰痛コルセットと言っても、スポーツ用品店に行くと様々な種類が合ってどれを選べば良いか迷うと思います。

大まかな種類をまとめます。

幅が広く頑丈なコルセット

これは、主に医療用が多いのですが、重症な腰痛の方やかなり痛みが強くしっかり固定して動かない様にする必要がある人向けです。

値段も高め。

しっかり動きが制限されますので、重症な腰痛では無く、コルセットをつけて多少動いたり活動する人には逆に動き難く腰以外のところに逆に負担がくるかも知れません。

幅が広く柔らかいコルセット

こちらは、頑丈なコルセットより固定力が落ちます。

しかし、柔らかい分、動きやすいです。

そこまで重症な腰痛では無く、多少動かなくてはいけない人はこちらの方が良いかも知れません。

幅が細く硬いコルセット

こちらは、さらに固定力は落ちます。

細く動きやすい設計になっています。

腰痛では、かなり軽い腰痛や痛く無いけど予防の為

スポーツで腰を意識して動きたい人などが使うものです。

どちらかと言えば、腰痛で困ってコルセットを探しに行く人がつける物ではありません。

幅が細く柔らかいコルセット

ほぼ、固定力はゼロに近いです。

これは、腰痛コルセットでは無く、スポーツの動きで腰を意識したい人向けです。

腰痛コルセットの選び方

上記の内容を参考に自分の腰痛の重症度に合わせて選べば良いのですが、実際は試着してみないとわかりません。

自分に合った腰痛コルセットをつけると、すぐに痛みは軽減します。

どれくらい軽減するかは、程度によりますが即効性があるのがコルセットです。

もし、全然楽にならなければコルセットをつける意味がありません。

少しでも楽になれば、コルセットをつける意味はあります。

時間が経てば効いてくる物ではありません。

薬と違いますからね。

自分に合うコルセットが無い場合

もし、自分に合うコルセットが無い場合は、キネシオテーピングという方法もあります。

キネシオテーピングは腰を固定しませんが、テープを筋肉の走行にそって貼ることで筋肉の力をアシストしてくれます。

こちらの方が楽になり動きやすいと言う方もいらっしゃいますので、選択肢の一つで覚えておくのも良いかと思います。

しかし、誰かに貼ってもらはないとできないと思いますので、腰痛の場合は医療機関を一度受診するのが良いと思います。

 

ツールバーへスキップ