新規体験受付中!

スクワットで痩せる!

スクワットで痩せる!

筋トレを始めようとしたら、まず何をしますか?

腕立て伏せ?

腹筋?

スクワット?

おそらく、お腹痩せたいから腹筋やりたい!

と言う方が多いのではないでしょうか?

実は、引き締めたい部位をやれば引き締まると言う訳では無いのです。

大事なのは、基礎代謝量を上げる事、成長ホルモンを分泌させる事。

その為には、身体の大きい筋肉を優先的にトレーニングする必要があります。

答えは、スクワット

脚トレです!

自重スクワット

まずは、負荷をかけないでスクワットを行いましょう。

基本のやり方

脚幅は、腰幅くらい

膝がつま先より前に出ない

股関節からお尻を後ろに突き出してしゃがむ

呼吸法

息を吸いながら、しゃがみ

息を吐きながら、立ち上がる

※初心者の方は、呼吸を上手く出来ない方が多いですが、凄く大事。

正しい呼吸は、筋肉に力が入りやすくなる

無駄な血圧上昇を抑えて身体の負担を少なくします。

回数

まずは、姿勢が乱れないで何回できるかやってみましょう。

30回が余裕で出来てしまったら、ジムに行ってバーベルを担いで下さい。

30回出来なかったら、できる回数で行いましょう。

3セットおこなう

1セットを終えて、もう限界だ!

と思っても1分くらい休憩して、またやると意外とできます。

それは、筋肉はまだ元気なのに

脳が先に限界だ!

と感じてしまうのです。

特に、トレーニング初心者は早く感じてしまいます。

なので、限界と思っても休憩しながら3セット行ってみてください。

注意点

立ち上がる時に膝が内側に入らない。

もし、膝や腰に負担を感じる様なら上記の何かが間違っています。

絶対に痛みを我慢して行わないでください。

怪我します。

上手く出来ない方は、専門家にご相談ください。

ワイドスタンススクワット

足首が硬くて深くしゃがめない方にお勧め!

やり方

脚は、肩幅まで広げ

つま先、膝を斜め外側に開く

自分の深くしゃがみやすいスタンスを見つけて

おこなってください。

バーベルスクワット

自重負荷スクワットに慣れたら、バーベルを担いで負荷をかけましょう。

バーベルスクワットは、必ず専門トレーナーの指導を直接受けてください。

間違ったやり方は、膝や腰を痛めます。

正しいやり方は、ダイエットに物凄く効果が高いです。

まとめ

ダイエット筋トレで最も効果的な種目がスクワットです。

効果が高いですが、難しい種目でもあるので、できればジムで専門トレーナーの指導を受けて下さい。

特に、膝や腰が痛い方、バーベルでスクワットしたい方は、絶対に指導を受けて下さい。

ツールバーへスキップ