肩凝り腰痛改善の為の運動まとめ

こんにちは、イソカワジムトレーナーの五十川です。

今回は、肩凝り腰痛の為の運動まとめ!です。

イソカワジムでは、ダイエット希望の方がメインですが

肩凝りや腰痛もセットで気になっている方も多いです。

肩凝り腰痛の原因は、いろいろあります。

ゴルフやテニスなどで痛めてしまう

急性的な腰痛や肩痛

日々の不良姿勢で慢性的に硬くなってしまう

慢性的な腰痛肩凝り

がありま。

急性的腰痛肩痛は、基本安静が大事で

しっかり安静にして動かさない様にしていれば

大体、2週間くらいで治る場合が多いです。

※治らない場合は、医療機関にご相談下さい。

ジムのトレーニングで効果が出るのは

慢性的な腰痛肩凝りです。

なので、全てが運動で治る訳では無いのでご注意下さい。

姿勢矯正

慢性的な腰痛肩凝りは姿勢不良が原因の場合が多いです。

なので、痛いところをマッサージやストレッチをする前に背骨の姿勢が大丈夫かを確認しましょう。

人によっては、姿勢を改善するだけで治る場合もあります。

ここで、オススメなツールがあります。

ストレッチポール

このポールに仰向けで寝るだけで姿勢矯正の効果があります。

詳しい使い方は動画で説明していますので

ぜひ、ご視聴下さい。

いかがでしたでしょうか?

これだと1人でも簡単に姿勢矯正ができます。

なぜストレッチポールで姿勢が良くなるのか?

人間には、自然治癒能力があります。

それは、骨格でも同じです。

人間の身体は、簡単に歪みますがすぐに戻ろうとする力も働きます。

ですが、寝る姿勢が悪かったり、常に仕事や作業をしているせいで

力を抜く事を忘れてしまっている方が多いです。

なので、ストレッチポールを使って寝る姿勢を整えることで

自然に骨格が元に戻るのです。

なので、上手く力を抜ける様になると効果が凄く実感出来ると思います。

上手く抜けないと効果は少なくなりますが

練習することで出来る様になります。

基本の使い方で、まだ治らない方様に

裏技もご紹介致します。

なので、理論がわかれば応用も効きます。

ストレッチポールがあった方が良いですが

無くても、重力負荷を軽くして力を抜ければストレッチポールが無くても身体は整います。

例えば、動画の様に脚を椅子に乗せて高くしたり、首の下にタオルの入れたりして、なるべく楽な姿勢で力を抜く練習をして下さい。

 

体幹トレーニング

身体が整ったら、今度は体幹トレーニングを行いましょう!

筋肉が弱いと身体は歪みやすくなります。

良い姿勢で筋肉をつけることが大事です。

例えば

フロントプランク

背中に物差しが入っている意識で真っ直ぐな姿勢を保ちましょう!

腹筋背筋が主に強化出来ます。

もちろん、ダイエット効果やスポーツパフォーマンス向上にも効果あります。

まずは、30秒キープしましょう!

ヒップリフト

お尻ともも裏に効きます。

動作中に腰が痛い方は中断して下さい。

まずは、30秒キープしましょう!

サイドブリッジ

お腹の横とお尻の横

身体の横のラインに効きます。

この種目は、苦手な方が多いですが実は1番大事

動画でも詳しく説明しています。

最後までご覧頂きありがとうございます。

宜しかったら、YouTubeのチャンネル登録もお願い致します。

何かご意見がございましたら、お気軽にご連絡下さい。

次回もよろしくお願い致します。

最新情報をチェックしよう!